電車内でWiMAXサービスを利用したい

日々の通勤の電車内。
ぼーっと外の景色を眺めているよりも、少しでも時間を有効活用したいところです。



インターネットが出来たら、時間を活用出来るのになぁ。
ただ、速度制限が怖いので、出来れば速度制限の緩いWiMAXサービスを利用したいところ。



インターネットで時間を有効活用



そこで、WiMAXサービスは電車内で利用出来るのか、ご紹介します。

WiMAXサービスの対応エリアは?

WiMAXサービスが電車内で利用出来るかどうかは、移動区間がWiMAXサービスの通信エリア内であるかどうかによります。
高速移動するからWiMAXの電波が拾いにくいとか、そう言う事はありません。
あくまでも、通信エリアを意識する必要があります。

ですから、都内であれば問題はありませんが、郊外であれば郊外であるほど、WiMAX端末が圏外表示されてしまう区間が長くなります。



WiMAXが圏外表示される



WiMAXサービスのサービスエリアに関しては、サービスエリアマップにて確認する事が出来ます。
ぜひ、参考になさってみて下さい。





また、長いトンネルや地下鉄の場合は、WiMAXの電波が届かない事があります。
と言うのも、WiMAXの電波は低周波数の帯域を使用します。
ですから、WiMAXの電波は障害物に弱いのです。



移動区間にトンネルが多い方は、そう言う部分を容認する必要はあります。

公衆無線LANサービスを利用する

WiMAXサービスに申し込むと、自動的にau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスも付いて来ます。
駅によっては、au_Wi-Fi2と言うSSIDが受信出来る場所もあります。
その場所であれば、Wi-Fiを利用する事が出来ます。



公衆無線LANサービス



また、UQ Wi-FiプレミアムBBモバイルポイントなど、契約するプロバイダによって公衆無線LANサービスが用意されている事もあります。
これらのサービスはau Wi-Fi SPOTよりも対応エリアが広く、新幹線内で利用出来る場合もあります。
ですから、こう言ったサービスを利用する事で、電車内で快適なインターネット環境を確保する事も可能です。



ちなみに、So-net モバイル WiMAX 2+であればBBモバイルポイントが利用出来ます。
ですので、サービスを有効活用してみてはいかがでしょうか?



↓So-net モバイル WiMAX 2+の申し込み先↓
So-net モバイル WiMAX 2+