WiMAX端末が圏外表示されてしまう!

WiMAX端末が圏外表示されてしまう場合の対策についてご紹介します。



WiMAX端末が圏外表示されてしまう



まず最初に行なうべき事としては、そもそも自分がいる場所がWiMAXサービスのサービスエリア内なのかどうかを確認しましょう。
WiMAXサービスのサービスエリアに関しては、サービスエリアマップにて確認する事が出来ます。




WiMAX端末の配置場所を移動させてみる

もしも、あなたがいる場所がWiMAXサービスのサービスエリア内であるにも関わらず、WiMAX端末が圏外表示されてしまう場合には、WiMAX端末の設置場所を変えてみる必要が出て来ます。
と言うのも、WiMAXの電波は低周波数の帯域を使用しています。
その関係から、障害物に非常に弱いのです。



WiMAXは障害物に弱い



そこで、WiMAX端末の配置場所を電波が拾いやすい場所へ移動させる必要があるのです。
特にお勧めなのが窓際です。



たったこれだけでも、電波の受信具合は随分と変わります。

ハイスピードプラスエリアモードを使用してみる

WiMAX端末の中には、ハイスピードプラスエリアモードに対応している端末もあります。
ハイスピードプラスエリアモードとは、au 4G LTEと言う通信回線を使用する通信モードの事です。



3つの通信モード



au 4G LTEはプラチナバンドを使用していますので、電波の届きにくい奥まった場所にも電波が到達しやすい性質を持っています。
また、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアをカバーしていますので、WiMAX通信よりも繋がりやすい仕組みになっているのです。



ただし、ハイスピードプラスエリアモードは月額1,005円の有料回線ですし、速度制限の規制も厳しめです。
ですので、使用の際は通信のし過ぎに注意しましょう。

パラボラアンテナで対応する

こちらは裏技的な話ですが、パラボラアンテナを自作して、弱電波エリアでの通信を安定させる方法があります。
パラボラアンテナと言うと大層なイメージがあるかもしれませんが、そんな難しい事ではありません。



家庭にある金属製のボウルを使って、電波を集めるだけです。



パラボラアンテナの自作



金属でWiMAXの電波を反射させ、WiMAX端末にかき集める訳です。
そんな事意味があるの?と思われるかもしれませんが、実際、この方法を利用している方はいます。



GMOとくとくBB WiMAX 2+でも、こんな面白い実験を行っています。







実際に結果を出しているようですので、参考になさってみて下さい。

通信エリア回線の為の要望を出す

ご紹介して来た方法で駄目なら、UQ WiMAXに通信品質改善の要望を出しましょう。
UQ WiMAXの公式サイトにて、通信品質の改善に関するアンケートを行っています。



WiMAXのエリアに関するアンケート



時間は掛かるかもしれませんが、出した要望は参考にして貰えます。



So-net モバイル WiMAX 2+