WiMAXとWiMAX 2+

WiMAXとWiMAX 2+の互換性についてご紹介します。



まず、WiMAXは以前主流だったWiMAXサービスの通信回線で、速度制限が掛けられない唯一の通信回線でした。
いわゆる使いたい放題と言う状態の通信回線です。



インターネットを使いたい放題



そして、今はWiMAX 2+がWiMAXサービスで主流の通信回線となっています。
特徴としては、通信速度が速いと言う部分と、速度制限の規制が緩いと言う特徴があります。

WiMAXからWiMAX 2+へ

WiMAXとWiMAX 2+ですが、実は、徐々にWiMAXからWiMAX 2+へとメインの通信回線がシフトして行っています。
具体的には、WiMAXで使用していた帯域を徐々にWiMAX 2+へと移行しています。



その結果、WiMAXの通信速度は年々下がって行き、反面、WiMAX 2+の通信速度が年々向上して行っています。
WiMAXサービス全体から見れば、WiMAXサービスの下り最大通信速度は年々向上しています。



WiMAXサービスの通信速度は向上中



ただ、WiMAX 2+はWiMAXのように速度制限がないと言う訳ではありません。
ですから、使いたい放題に魅力を感じていた方にとって、WiMAX 2+サービスへの移行は危機感しかないと言う方もいるでしょう。



ただ、WiMAX 2+はギガ放題プランと言う料金プランに申し込む事によって、速度制限の規制がゆるくなります。
ですから、そこまで速度制限の負担を感じる場面は多くはない状態になっています。

WiMAXとWiMAX 2+の互換性は?

現在、新しく発売されるWiMAX端末はWiMAX回線に非対応のものが発売されています。
そんな状態ですから、WiMAX通信を利用したいと思っても、利用出来ない状況になって来ています。
また、WiMAXにしか対応していない古いWiMAX端末を使用している方は、WiMAX 2+通信を行なう事は出来ません。



3つの通信モード



つまり、WiMAXとWiMAX 2+の互換性はありません。
元々WiMAXだった帯域をWiMAX 2+が使用しているとは言え、WiMAX 2+に対応した端末でないと利用する事は出来ません。



ちなみに、WiMAX通信は2018年には停波される予定にあります。
ですから、WiMAXは後々利用出来なくなると思っていた方が良いです。



WiMAXサービスは停波される



まだWiMAX 2+の契約を行っていない方は、お早めの移行をお勧めします。
WiMAX 2+サービスでお勧めなのは、安心感の大きなSo-net モバイル WiMAX 2+です。



↓So-net モバイル WiMAX 2+の申し込み先↓
So-net モバイル WiMAX 2+